スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当社関連サイト
有限会社 ウオズミ

category
スポンサー広告
Relation Entry

180回

 180回。

 何の数字でしょうか?

 
 答えは、家電量販店で販売しているオール電化のローンの回数です。

 このローンは、オール電化製品と同時に電気製品を購入してもこの180回ローンで一緒に支払いができるそうです。

 180回=15年ですよね。

 このローン期間を、消費者の方ってどのようにとらえているのでしょうか?

 今日、ガス器具のメーカーの所長さんと話をしたときにこの話が話題になりました。

 例えば、現在オール電化の主力となりつつあるエコキュート。

 エアコンの室外機みたいなコンプレッサーを利用して、お湯を沸かします。

 知り合いのメーカーのサービスマンに聞いたことあるのですが、本当に15年持つのってね?

 サービスマンも?だそうです。

 エアコンより圧力の高いコンプレッサーを毎日8時間も使用することに現場のサービスマンもエアコンのことを考えると疑問だそうです。

 現在の省エネ型エアコンも、寿命は約10年前後かなと思います。

 エアコンだけでなく、冷蔵庫やテレビなど家電製品の寿命は約10年前後だと思います。

 それより、一番の問題点は部品の在庫の問題です。

 大概の機器の在庫部品は、製造打ち切り後7年間くらいしか各メーカーさん置いとかないですね。

 そういったことを考えてみても、製品寿命は10年前後だと思ってます。

 特に最近の機器は精密な基盤が使われているので、そのくらいが妥当だと思います。

 それ以上使用できたら、運がよかったと思って下さいね(笑)

 昔の製品の方が、電気代は喰うけれど壊れにくく頑丈にできていましたね。


 製品寿命について簡単に書いたのですが、ここで最初の180回=15年に戻りますと15年使用できる製品は何点くらいあるのか疑問に思いませんか?

 エコキュートは、僕ところでも販売しようかと思っていますが部品在庫がある時までは修理できると思いますが、なくなると新品と交換になるでしょう。

 180回ローンは壊れてしまった製品がでてしまっても払い続けなければいけないです。

 住宅ローンの長さとは違った意味合いがあると思います。

 そういった意味では、非常に疑問に残るローンだと思います。

 利用する人は、わかっているのかな?

 今日来られていたガス器具メーカーの所長さんも、量販店で電気マッサージ器を試した時に製品寿命を聞いたところ、壊れても修理がきくのは部品在庫がある場合のみだそうです。

 それ考えると約10年くらいが妥当みたいですね。

 太陽光発電については、パワコンと呼ばれる直流から交流に変換する機械が故障するかもしれませんが、パネル自体は使用できるので変な故障がない限りは問題はないと思います。

 180回ローンでのオール電化製品を含む電気製品の購入ですが、購入考えている人は考え直してみる必要はあるかもしれませんね。 
 

当社関連サイト
有限会社 ウオズミ

category
仕事
Relation Entry

Comment

No title

180回は多いですね。でも、たとえば私なんかはオール電化は、リフォームのひとつだと思うんだけど。自分は組まないけど、リフォームって考えると、まんざら無いわけでもないような気もします……ないか。
  • 2009⁄09⁄03(木)
  • 11:54
  • [edit]

No title

なるほどそうですね
引っ張りまくるのも再考せねば
  • 2009⁄09⁄03(木)
  • 16:37

ritokooさんへ

オール電化をどう捉えるか?

今日久々にあったテニス仲間の工務店の現場監督は、電気製品との認識でした。
電気製品なので製品寿命は、やはり10年くらいなのかな?
となると・・・・。
  • 2009⁄09⁄03(木)
  • 23:39

とさをさんへ

長期ローンは、住宅ローンだけですね。
家はメンテ必要ですけど、電気製品は壊れますからね。
  • 2009⁄09⁄03(木)
  • 23:40

Trackback

http://benrinagasya.blog100.fc2.com/tb.php/219-6fada04a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。