スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当社関連サイト
有限会社 ウオズミ

category
スポンサー広告
Relation Entry

長期使用製品

 昨日、ガスコンロの火がおかしく鍋底が真黒になるということでお客さんところに行っていたのですが、バーナーキャップがかなりチビていました。

 本来ならバーナーセットの交換をするのですが、製造年月日を見ると1992年製です。

 残念ながら、交換部品がありません。

 メーカーの部品在庫は、製造終了後約7年間しか在庫を置かないのです。

 ですから17年も使用してくれていますこのガスコンロの部品はないのです。

 僕が父親と一緒に始めた当初にとりつけにきました。

 ほんと~に、大事に使用してくれました。

 まだ片側はきれいに火はつくので使用できるので、どうするか考えられるそうです。

 今のコンロは、SIセンサーがついているのでお年寄りも安心して使用することができます。

 あとは、グリルがいるのかいらないのか。

 グリルが両面焼きか片面焼きなのか。

 天板はフッソかホーローかガラスかなどいろいろとあります。

 お勧めは、掃除のしやすいガラストップですね。
 

当社関連サイト
有限会社 ウオズミ

category
仕事
Relation Entry

Comment

Trackback

http://benrinagasya.blog100.fc2.com/tb.php/262-28b6de0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。