スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当社関連サイト
有限会社 ウオズミ

category
スポンサー広告
Relation Entry

火災警報器ついていますか?

 平成23年5月末までに火災警報器の取り付けが義務つかられています。
 すでに我が家では、嫁と子供たちが寝ている和室部屋、僕が寝ている2階の寝室、階段、台所と4か所つけています。
 ?ここで気づいた人いますかな?
 そう、僕と嫁は家庭内別居で寝ています。エーーーーー 
 別に意味はなく、ただ和室じゃないと子供たちが暴れまわっていけないので嫁が一緒に寝ているのです。それと僕が腰痛持ちなので、起きやすいベッドで寝ているのです。
 仲が悪いわけではないのでご安心を。

 さて話は元に戻り、我が家についている火災警報器です。
 台所は熱感知式で、ほかは煙感知式です。
火災警報器
 エっ、何で2種類もあるの?どこにどちらをつけるのってわからない人いると思いますので簡単に説明しますね。
 一般的につけるのが煙感知式火災警報器なのです。もくもくと、タバコを吸っている部屋につけるものなら「火事です。火事です」と教えてくれますので、火災警報器のある部屋ではタバコの吸いすぎに気をつけましょう。
 じゃあ熱感知式はどこにつけるかと言いますと台所です。台所で調理してますと換気扇を回すものの煙のでる料理もあるかと思います。それに反応しては困るので、熱感知式をつけるのです。それに、換気扇の下でタバコ吸うお父さんのためにも熱感知式なのです。というのは、ウソです(笑)

 そうそうその話で今晩高浜自主防災連合の会長と話してたんですけど、自主防災連合で広報委員通じて火災警報器の販売してるんですが誰がつけるんですかね?という話をしたんです。基本的には、買った人がつけるそうです。
 でも、お年寄りとかようつけれん人いると思うし、どこにつけたらええんかわからん人いるのに無責任な販売になっているんじゃないですか?と話してたんです。
 確かに、その通りだそうです。
 僕ところみたいに4個5個と複数つけなきゃいけないんだけど、とりあえず1個買ってそのままにしている人って結構多いんじゃないのかなとも話たんです。
 結局取り付けの件については、消防と相談してみるということになりました。
 あと僕ところでも販売してるんで、広報委員だけどボランティアではつけれないですとも。そうしないと、僕ところで買ってくれるお客様に失礼にあたるので無理ですとも話たんです。
 あと独居老人宅は、年に1回消防が回りよるんやけん、ボランティアでつけさせたらええん違いますか?とも、話したんです。

 ただ、この火災警報器取り付けは義務ではありますが、誰もチェックしないという盲点もあるのです。ん~、それ考えるとつけない人結構いると思うんですよね。こんなこと書いちゃいけないんだけど、義務化するなら、消防もしくは関係する役所の人が一軒一軒回って時間かけてちゃーんとチェックしてほしいですね。でないと、みんなつけんと思うしいい加減な法律になってしまうような気がしますよ。
 この問題の結末は、どうなるのやら。
 火災による死亡者の撲滅というために、みんなにお金だしてつけさせるのですから消防でいいのかな?関係する役所の人かな?にはきちんと取り組んでほしいですね。
 

当社関連サイト
有限会社 ウオズミ

category
仕事
Relation Entry

Comment

Trackback

http://benrinagasya.blog100.fc2.com/tb.php/31-c2e95ed3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。